ドイツ・ミュンヘンでイロイロしよう 

ミュンヘン、時々、ドイツ全土のイロイロ情報
MENU
ドイツ旅行・お出かけ

バイエルンの高級保養地 テーガンゼー (テーゲルン湖) 【観光】

バイエルンの高級保養地として有名なテーガン湖 (テーゲルン湖)
ミュンヘンからは車で1時間程度で行けるので、都会の喧騒に疲れた人々がのんびり癒しを求めてやってくる地域です。

tegernsee_01.jpg
湖あり。 

tegernsee_03.jpg
山あり。 

tegernsee_04.jpg
カジノあり。 注:写真はイメージです↑

近隣にはカジノもあれば、ゴルフ場もあり。 乗馬もできるし、ヨットもあれば、城まで巡れてしまう・・・もうなんでも出来てしまう。
特にゴルフ場はお子様向けミニゴルフは至る所にあるとして(結構大人も楽しめる)
打ちっ放しのドライビングレンジ、初心者向け6ホールコースに、上級者も楽しめる18ホールコースまであり。
母は優雅にカジノに、父はゴルフ三昧、子はキッズ散策1日体験なんかで馬乗り、山登りとそれぞれ楽しむ・・・なんてことも可能。 
もちろん家族全員で楽しめることもたくさんあります。

tegernsee_05.jpg
ちなみに、テーガン湖自体はそこまで大きくないが周囲をぐるりと一周すると結構な時間があるので、宿泊地域をあらかじめ目的によって決めておくのが大事になります。 
湖と山、夜はカジノかな・・・という人はBad Wiessee、人通りが多くてメイン観光地一択ならTegernsee、どっちもそこそこ満喫したい人には一番人気のRottach-Egernがオススメです。 

観光するなら
メインといえば、このあたり。 テーガンゼー駅周辺、ちょっとRottach-Egern寄りの湖周辺の近く。

船着き場も近く、有名なビアガーデンといえば、ここ。 Bräustüberl

tegernsee_06.jpg
中はいつもいっぱい。

tegernsee_07.jpg
これで、お子様サイズ・・・大人用は大体これの1.5倍くらい?

tegernsee_08.jpg
隣の教会では素敵な結婚式が・・・幸せを分けてもらった気分

日曜日は偶然ストリートマーケットも開催されていて、美味しいアルプスのパンやチーズ、なぜかギリシャやイタリアのオリーブやハムも売っているなんでもありな状態。 

tegernsee_09.jpg
マーケット入り口

tegernsee_10.jpg

tegernsee_11.jpg
通りの家々が、昔ながらの建造物で一部はいわゆるDenkmal記念碑のようです。

雰囲気のあるマーケットを通り過ぎて、ちょっと寒かったけれどCafé Kreutzkamm @テーガン湖。

tegernsee_12.jpg
湖を眺めつつ、いかにもバイエルンなバウムクーヘンを堪能

tegernsee_13.jpg
お天気が良ければ、湖を見ながら寝そべられる木製ベンチもありました

山にはチーズ工場 Kasereiもあり! 
工場見学も可能(見学は決まった日時のみ、最大40人まで可) 

tegernsee_14.jpg

tegernsee_15.jpg
ヤギのミルクから作られる、出来立てホヤホヤのチーズやヨーグルトの購入だけもできる。 オススメはコショウ入りチーズ。

tegernsee_17.jpg
試食もできるので、とりあえず味見して・・・から購入すると、全部買いたくなるので危険。

tegernsee_16.jpg
中でゆっくりできるカフェもあり

tegernsee_18.jpg
天気が良ければ、外席も・・・次は晴れてる時に行きたい・・・

湖や山があるので、夏の方が盛況かと思えば、冬はスキーや雪山散策、2月には有名な気球に乗れる一大イベントもあるので季節を問わず人気があるようです。

バイエルンの喧騒に疲れたバイエルン州近辺の皆さんの週末旅行先に・・・
おしゃれなバイエルンの町並みや、ミュンヘン旅行も楽しみつつ、時々ドイツ〜な自然を堪能したい時にオススメの場所です。

----------------------------------------------------------------------
Tegernsee 周辺



----------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト
ドイツ旅行・お出かけ

 【イザー川】 のんびり出来るミュンヘン・スポット 【グラフィティ】

ドイツ国内はどこにでも、自然の安らぎスポットがある様な気がするが、夏のミュンヘンはやっぱりイザー川沿いをウロウロするのが楽しい気がする。 (もうすでに寒くなってしまいましたがね・・・さらば、夏)

isar2.jpg
寒くてもたまに行ってしまう川沿い

isar3.jpg
橋の上から見る川の流れ、春夏秋冬見に行ってしまう

時々BBQの煙で倒れそうになったり、裸族に遭遇してびっくりすることもありますが・・・

今回はご近所にちょっと散歩ではなく、イザートアー駅辺りから動物園近くまで歩くこと1時間程度・・・ 大きな橋の橋脚(もしかしたら橋台?)にかなり綺麗で凝ったグラフィティアートを発見。
isar8.jpg

isar7.jpg

isar6.jpg
これが一番ストーリー性があって凝ってたような気がする

isar5.jpg
裏側には別の絵、きちんと仕上げてくれている絵は綺麗

isar4.jpg
カラフル感もなんとなく楽しくなる

ゴミの様なタギングを何処にでもするヤング(?)は自重してほしいが、迷惑にならない様な場所を選んで、残しておきたいと思う様な完成度の高いものなら、まあいいんじゃないかと思ってしまったりもします。 
(橋の下は公共の場ですが、たまに市が依頼して描かせたりもしています。 写真の絵がどのような経緯で描かれたかはわかりませんが・・・)

賛否両論はあるけれど、何もない風景もよし。 自然の中のカラフル壁画もたまにはよし。 と散歩しながら、いろいろ見つけるのが楽しいイザー川沿い。  暑くても寒くても、結構楽しいので、散歩コースにぜひ。

ドイツの生活・ライフスタイル

【クラフト ビール】 おすすめ醸造所 Apostelbraeu / Hauzenberg

ドイツのクラフトビールとは?

アメリカから始まり、世界各国で盛り上がりつつあるクラフトビール
ビールといえば、ドイツ。 ドイツといえば、ビール。  このブログ内ですらビールのゲシュタルト崩壊が起こりそうになっていますが、ビール純粋令500年を迎えたここドイツでも、全国的にクラフトビール ブームです。

クラフトビールの場合は、ブームは北からやってきて、南下傾向にあるようです。
どちらかというと、有名な老舗ビール醸造所は南部にあるイメージですが、南部の老舗醸造所でも作り始めたクラフトビール。
なんだか、クラフトビールの定義(小規模で醸造される)とはかけ離れている感もありますが、実はドイツでは未だにクラフトビールの明確な定義づけというのは内容で、2017年に入ってようやく Deutsche Kreativbrauer.e.Vという協会が出来たばかりだそうです。

クラフトビールとはなんぞや? という話はまた近いうちに専門家に聞いてみることにして・・・オススメの醸造所のうちの一つ、 Hauzenberg にある 1890年創業 Apostelbraeu (アポストル醸造所)を ご紹介します。

とにかく種類が豊富!

kraftbier_apostelbraeu_1.jpg

伝統的な製法と味にこだわったバーバリアン・シリーズ Barvarian。 目印は素敵なロマンスグレー・・・をもうちょっと超えた紳士の写真。 モルトの独特なカラメル風味を感じて楽しみたい人には中でもBvarian Forest Spelt Aleがオススメ。

オークバレル樽で熟成されたビールシリーズの中でも、アポストル醸造所の新作、
GRANITES TUB
ウィスキー樽を利用して、熟成されたクラフトビール。 ウィスキーのテイストにバナナの風味が香るエキゾチックな味わい。 なのだが、私、個人的にバナナが苦手なため、風味だけでも・・・断念。
 
kraftbier_apostelbraeu_3.jpg

2016年 インターナショナル クラフト ビール アワードで銀賞を受賞した、
CHUCK'S BARREL
シュタークビアー(断食期間に飲む栄養素・アルコール度共に高めのビール)とオリジナル・テネシー ジャック ダニエルの樽でじっくり熟成。 重厚なビールを味わいたいならこれ。

でも、個人的にはこれが一番オススメの
CAPT'N SPELT
カリビアンラム樽を利用して熟成。 ラムの風味とビールが絶妙にマッチしたビール。 

kraftbier_apostelbraeu_2.jpg

アポストル醸造所の定番は麦とモルトのコーディネーションがどれも絶妙。
せっかくだから、入手しやすいドイツに住んでいる間に、ちょっと変わった赤っぽいカスタニエン(トチの実)色な Roggen bierを試してもらいたい! (上の画像中央 Roggen)

醸造所見学もきっと楽しい!

醸造所はHauzenbergにあり、醸造所経営のピザレストラン、博物館などがあります。
博物館は小規模醸造所らしく、大麦から麦芽を作る製麦の工程からビール瓶に詰めるボトリングまで、ビール製造の全てを見学できます。 ウェブサイトでバーチャル見学も出来るので、ちょっと覗いてみてくださいね。
Apostelbraeu博物館

作っているクラフトビールも結構挑戦的なビールが多いアポストル醸造所では、実は、2015年に創立125周年を迎えた記念にウィスキーの醸造に挑戦しました。 
少なくとも3年は樽の中で熟成中・・・あと少し?の辛抱で、アポストル醸造所初!ウィスキーが楽しめます。 
その日まで、まずはクラフトビールで乾杯! 

Apostelbraeu (アポストル醸造所)
Eben 11 - 13
D-94051 Hauzenberg

博物館開館時間: 月〜金 10:00 - 12:00 / 14:00 - 17:00,  土 10:00 - 12:00
レストラン : 月〜土 17:00 〜 ,  日 11:00 - 13:30, 17:00 〜 

お知らせ

海外在住者のためになる安全リンク たびレジ ORRネット

ご旅行の際には「旅レジ」 。
ドイツに来たら、まずは 「ORRネット」 「海外安全アプリ」 などの登録をお忘れなく。
と、言われても自分が登録すべきモノがどれか分からない・・・となった時に、ちょっと見ていただきたい。

tabiregiORR1.png

ORRネット(必須)
お役所的な難解な(?)システムではなく、手軽に、分かりやすく、しかもネット環境があれば、どこからでも届けが出せるようになったのが、ORRネットです。
これまでは海外で住む場所が決まってから、やっと領事館などに登録に行ける・・・という一番忙しい時にしなければいけない在留届。これからは、自宅からでも、職場からでも、オンラインで登録が可能になりました。
とっても楽になったものです。

たびレジ(推奨)
たびレジは、ざっくりまとめると誰でも登録可能。 ただし、3ヶ月以上海外の1箇所に留まる場合はORRnetから在留届を出します。
在留届を出していても、海外旅行など一時的に所在地が変わる場合はたびレジへの追加(?二重?)登録が必要です(推奨)
自分は日本在住だけど、大事な人が海外にいるの・・・という場合もたびレジ(簡易登録)に登録が可能です。
個人的な要望としては、たびレジ 簡易登録と登録の区別が最初つきにくかったので 簡易登録版はもう少し分かりやすい事なったネーミングでもよかったのかもしれません。 

たびレジも、ORRネットも登録すると、登録に利用したメールアドレスに緊急時や、滞在中の国・地域で暴動や非常事態が起こったら素早くメール連絡がきます。
海外ニュースが飛び込んできてもその国の言語に慣れ親しんでいない場合は、何が起こったのか? どうなったのか? などわからないけど、危険は感知できるという不安な状態になるかと思います。
最近は情報がかなり素早く伝達されるので、日本で待っている家族の方も「簡易版たびレジ」に登録しておくと安心です。
追記:メールアドレスへの通知は現在は一部の国では適用されていません。 滞在国が含まれていない可能性もあるので、ドイツ以外の国の場合はご自身でご確認ください

もうちょっと色々な非常事態の対処法@ドイツが知りたいな、と思った方、NIPPONip 45号の特集「ドイツでのテロ・災害・非常時の心構えマニュアル」にも色々な情報掲載しています!

p01vol45.jpg

本誌で出てきたリンク一覧:

大体ここに全ての情報が集結している 外務省 海外安全ホームページ
上記ホームページ内には有益な情報がたくさんあります 
○ドイツの「危険情報・スポット情報・広域情報」 
○ドイツの「安全対策基礎データ」 
○ドイツの「テロ・誘拐情勢」 
○ドイツの「安全の手引き」(大使館・各総領事館の「安全の手引き」)
○ドイツの「医療事情」(在外公館医務官情報)

外務省 ORRネット

たびレジ (登録ページ)

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」
(当ブログ内の記事はこちらから→ 海外在住者のためになる ゴルゴ13に学ぶ海外安全対策マニュアル

海外安全アプリ (ダウンロード コードあり)

ドイツ側のおすすめアプリ KATWARN

本誌に出てこなかったけど、役に立つリンク一覧:

海外安全ガイド 

海外安全パンフレット・資料 

海外で困ったら 大使館・総領事館でできること 

お知らせ

海外在住者のためになる ゴルゴ13に学ぶ海外安全対策マニュアル

仕事を選ばない、といえば、「キティちゃん」 や 「ボーカロイドの初音ミク」 などが有名ですが、来年50周年を迎える硬派で有名な「ゴルゴ13」こと、デューク東郷も案外何でも安請け合いしたりしています。 

golgo13_linetalk7.png

直近のお仕事は、外務省とのコラボレーション。 ゴルゴ13は国家の敵なのではないか・・・と思っていましたが、意外にも、彼と国との繋がりはこれまでにもあったようです。 

golg13_drug.jpg

健康を愛する闇の住人(多分)のゴルゴ13は厚生省の脱法ドラッグ反対というポスターにも出演していたりもします。 自分の強敵にもなりうる(かもしれない)岩手県の自衛隊募集ポスターにも出演していたり、これまでの自分の不健康を反省してか、養命酒とのコラボも行なっているとのこと。 
国だけでなく、民間業者とも癒着が激しいゴルゴ13は色々なところに顔を出しています。

長い前置きはさておき、ゴルゴ13×外務省。 
「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

20XX年、世界は核の炎に包まれはしませんでしたが、世界各地でテロや災害が頻発したこの数年。
外務省でもこの事態を何とかしようと思いまして、ということで暗殺者だったような気がするゴルゴ13が国から依頼を受けて一般人を守るべく安全対策を指南してくれた・・・というのが、ストーリーの始まりです。
タイトルは 「中小企業向け」 と書かれていますが、個人の方にもとても役立つマニュアルです。

【正式なあらすじ】
この数年,テロが中東や北アフリカのみならず,欧米やアジアに拡散し,今や在外邦人もテロの標的になっている。 このような状況下,外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。 ゴルゴは大臣の命を受け,世界各国の在外邦人に対して,「最低限必要な安全対策」を指南するための任務を開始した・・・。
外務省海外安全ホームページ 



コードネームに合わせて13話、舞台には、日本はもちろん海外のテロ活動が盛んな場所として有名な地域がピックアップされています。 残念ながらテロ活動が盛んであるとの認識なのか、ドイツも第8話「オフィスの安全対策」の舞台になっています。
漫画そのものをPDFでダウンロードしたり、詳細をYoutubeで解説を見ながら見たりもできます。



ビデオでは、能化領事局長が各話丁寧に解説してくれます。 ニコリとも笑わないニヒルさ・・・からのちょっとはにかんだ感じに萌える方もきっと多いと思うんですが、そこは個人差があるので割愛します。
きちんと内容を把握して海外での安全を確保できるようにしてください。

ちなみに、日本の空港やドイツ国内の商工会議所などで、このような冊子版も配布されているとのこと。 (配布は世界各国)
golgo13_linetalk14.png
一冊欲しいです・・・

golgo13xgaimusho2.png

24時間働くゴルゴ13

動画や漫画で説明だけではありません。 プライベート(?)でデューク東郷と直接素敵な会話を楽しみたい方は、外務省海外安全ホームページ→ LINE公式アカウント「外務省」でデュークトークを満喫してください。

必要事項のみ話しかけてきますが
golgo13_linetalk11.png

こちらから話しかけても、
golgo13_linetalk13.png
もちろん相手をしてくれます。

golgo13_linetalk15.png
クール東郷・・・

楽しい上に、安全も守ってくれそうなライン フレンド・デューク東郷。 

そして、ご旅行の際には「旅レジ」 。 ドイツに来たら、まずは 「ORRネット」 「海外安全アプリ」 などの登録をお忘れなく。